最近では、紫外線を長く皮膚に浴びていると、肌が老化すると言われるようになりました。昔は、子供は真っ黒に日焼けをしたほうが健康的だと言われていましたが、最近では季節に関係なく紫外線予防をしています。お肌の健康状態を維持するために日焼け対策を講じている人は大勢いますが、目の日焼を気にしている人は案外と少ないようです。紫外線の光を目に浴びると、目が痛んでしまうことは見逃されがちです。レジャーや、スポーツで、季節を問わず長時間屋外で活動をしていると、目にも紫外線の影響が出てしまいます。目にたくさんの紫外線を浴びてしまうと、炎症を起こす可能性があります。炎症を起こした目は、個人差がありますが、かゆみや痛み、充血することがありますが、これはかなり悪い場合の話です。目の健康を保つためには、炎症が起きてしまった目に対して速やかに対処することです。炎症が起きている目とは、一言でいうとやけどの症状に近いですから、まずは冷たいタオルでしっかりと冷やして上げることが重要になります。目の炎症対策には、目薬を使ってもいいでしょう。例えば、目の炎症を解消するために、硫酸亜鉛水和物が含まれている目薬を使う方法もあります。紫外線を目に受けたために、目にトラブルが起きたと感じた時は、目を休ませることが効果的です。紫外線によるダメージを感じたら、睡眠時間を多めに取ったり、目を閉じて使わないようにして、しっかり休むことが何よりも大切です。