しわやくすみの多い、老いがわかるお肌になりたくないなら、普段から紫外線対策をきちんとしておくことです。紫外線に対する備えを十分にしておくことは、太陽光が強くなさそうなシーズンでも、やっておくべきことといえます。特に紫外線の量が増加する春から夏にかけては、特別なケアが必要になります。紫外線対策を行う時には、お肌にどのような性質があり、紫外線の作用はどういったものなのかを知っておくことです。多くの人は、屋外で活動をする時間が長い日は、朝からしっかりと紫外線予防を目的とした服装や対策を行っているようです。けれども、わずかな時間しか外に出ないという時は、十分な対策を講じないでいる傾向があります。一日じゅう家の中にいる日や、外に出る時間がごくわずかな時でも、紫外線対策はしておいたほうがお肌のためです。肌が紫外線を受けた時に、そのまま放置していると、徐々に皮膚の老化が目立つようになっていきます。肌の表面には皮脂膜や角質層といった表皮細胞があり、これらが外の刺激から皮膚を守り、水分の蒸発を防ぐ役割を果たしています。肌の最も外側にある防御層が、紫外線の作用で傷んでしまうと、皮膚は乾燥しやすくなったり、肌トラブルが起きやすくなったりします。保湿力を失い、乾燥しがちになった肌は弾力がなくなって、たるみやしわが多くなります。また、代謝が悪くなると、くすみやしみが増えます。皮膚が紫外線によってダメージを繰り返し受けていると、皮膚がんになってしまうリスクも高くなります。UVカットのグッズや、日焼け止めクリームの活用がおすすめです。